美しいロゴデザインを制作するためには

ロゴマークを作成するときに注意する必要があるのが覚えてもらえるロゴマークであるだけではなく綺麗なロゴマークだと感じてもらえるかということです。印象深いロゴデザインや人気があるロゴ、流行のロゴの背景を学ぶと、どうして人気があるかの理由があります。

 

美しいロゴとは2

ロゴデザインは基礎が大切

ロゴデザインは基礎が大切ですが、その基礎の1つに黄金比というものがあります。黄金比は人間が1番美しいと思うバランスのことを指し、その比率は5対8です。デザインの基礎や伝統を学ぶと歴史的な建造物や有名な絵画や彫刻に取り入れられていることが分かります。そのため商売として儲かっている商品のデザインに採用されていますし、ロゴデザインにも取り入れられていることが少なくありません。

デザインや商品の好感度や人気の高さの理由に黄金比が秘められていることが良くあります。逆に考えると綺麗なロゴデザインを作成するためには、この比率を活用するのが非常に有効であるということです。

黄金比が何故美しいと感じられるのかというと、それは身の回りの自然に秘密があります。例えば植物や昆虫などの形状は多くが黄金比の均衡がとられている形で構成されているのです。ということは人間は普段から黄金比でできたデザインを目にしていて、そのバランスに馴染みがあるために、この比率が取り入れられたロゴデザインを美しいと感じ違和感を覚えることなく受け入れられるのは自然なことであるということができます。

ですのでロゴデザインを作成するときには黄金比を是非採用してみると良いです。美しいロゴデザインに仕上げられる可能性が高まることになります。ロゴマークは覚えてもらうことだけではなく美的感覚があるものが成功するポイントです。上手く活用すればロゴデザインの影響力を高めて今後の自分の企業のブランド化に貢献させることができます。流行のロゴの背景を学ぶとたくさんの有名なロゴデザインやアート作品に採用されていることが確認できるのです。

企業ロゴ制作依頼

ブランディングetc...

チラシデザインの外注

印刷からデザインまで全般

パッケージデザインの制作依頼

商品のラベル/パッケージの企画制作

ロゴデザインに迷ったらシンプルな方を選ぼう

ロゴマークは広く認知されるようになることで絶大な効果を発揮します。一瞬で企業や店舗名などの情報を伝えることができ、サービス内容も連想させられます。ただし、あくまでも認知してもらってこその効果ですので、ロゴデザインの制作の仕方には注意が必要です。効果を高めるためのロゴの考え方ですが、できるだけシンプルにすることです。センスの見せ所でもあるため、複雑でデザイン性の高いものが選択されることもあるものの、その複雑さが逆に記憶に残らせにくくしてしまう原因にもなり得ます。

美容室のロゴデザインのポイント

厚生労働省の発表によれば、美容室の数はここ数年間、毎年3000件程度増加しています。一方で、人口は徐々に減少傾向となっているため、美容室どうしのお客さんのの奪い合いという状況になっていることが考えられます。これまでのお客さんを確保しつつ、どのように新しいお客さんを獲得していくか、そのポイントの一つがロゴデザインにあります。美容室選びをどのようにするかを考えると、最も多いのはインターネット検索やアプリを使った検索です。インターネットで美容室の情報を調べてよさそうなところに行くということになるので、どのようにしたらよさそうな美容室として見てもらえるか、常に意識し考えなくてはなりません。

会社のロゴを作るときの考え方

一言で会社ロゴと言っても絵や文字のみで作られている物がある一方、双方を組み合わせて構成されている物もありますが、デザイン時に重要な事として全てに共通しているのは、企業が持っている理念を反映しているかという事です。 もちろん、会社ロゴというのは文章やフレーズではないのできっちりと合致させられる様子にしつつ、優れたデザインにするのは難しいのですが、全く考慮しないというのは良くない事例です。 しかも、会社ロゴというのは比較的西欧文化が強い事柄なので、老舗のように日本で古くから営んでいる会社やお店である程表現するのが難しくなってしまいますが、コンセプトを設けるようにしてください。

商品のロゴをリニューアルするタイミングとは

商品のロゴをリニューアルするタイミングは、次第に古く感じられるようになった時にすると良いかもしれません。商品のロゴは一度作ればそれでずっと長く使えるという事にはなりにくいものです。これは時代によって人のセンスが変わっていくという事があるからです。最初に作った時には、その時代のセンスで最高のモノを誰しも作ったと考えていますが、時代が過ぎていくと次第に古く感じられるという事が良くあります。これには人が慣れてしまうという事も関係しているのでしょう。どんな優れたデザイン性の高いロゴであっても時代に合わせたデザインの変化が必要です。