企業ロゴのロゴ作成においてデザインの企画は重要です

新しく会社やサービスを立ち上げる際に重要な役割を担うものの一つが企業ロゴです。ロゴデザインによってサービスの印象が決まるだけではなく、覚えやすいデザインであれば顧客がサービスを使う頻度も高くなる可能性もが出てくるでしょう。ロゴ作成においてデザインの企画は大きく分けると3パターンが挙げられます。一つ目がアイコンで企業のイメージを表しているものです。ロゴマークを見るだけでブランドを認識することができるタイプです。二つ目がタイポグラフィーパターンで、文字のデザイン自体がロゴになっているものを指します。ゴシックを使うのがセリフを使うのか、使用するフォントの種類やスタイルによってもイメージは異なるでしょう。最後にアイコンと文字のセットのパターンです。アイコンだけではイメージがわき起こらない場合でも、文字があることでそのブランドでブランドを示すことができます。

ロゴが会社と社会に与えるイメージについて

ロゴが与えるイメージは非常に強力なもので、自分の会社やサービスはどのような印象をもたれたいのかを考えることが重要です。せっかく企業ロゴを作成するのであれば、企業を表すだけではなくその先にあるまでをも生み出すデザインにしたいものです。ロゴ作成により、まずはテーマを決めましょう。自分の会社やサービスがどのような印象をもたれたいのかを考えます。このテーマを出す工程は非常に重要で、ずいぶんイメージが変わってきます。次にコンセプトを決めていきます。このコンセプトがロゴの全体像になります。テーマに比べると抽象的な言葉が数多く出てくる事でしょう。コンセプトが軸になれば、ロゴを作る際の方向性がきまることになります。そしてモチーフは構成する要素の方向性となる題材をあらわします。文字を入れる場合にはどのような文字のスタイルにするのかを決める必要があります。どのようなフォントを使うイメージが異なるので、何となく決めるのではなくコンセプトに合致するものを選ぶことが重要です。