企業ロゴを企画!ロゴ作成におけるデザインのポイント

宣伝効果が大きいロゴの作成は企業が積極的に考えたい問題です。企業ロゴの如何によってイメージや根付き方が左右されるため、ポイントを踏まえた企画が求められます。ロゴ作成をする上でのポイントとして、ますは企業のブランドを象徴するデザインを考えることです。見る側の視点で考えた場合、ロゴのデザインで企業イメージを形作ることが多く、そこでミスマッチが起こってしまうと顧客の獲得にも繋がりにくくなります。パッと見た時に事業やサービスと簡単に結びつくデザインの方が記憶にも残りやすくなりますので、企業の特色をしっかりと踏まえたロゴ制作が必要です。ロゴにあれこれ詰め込み過ぎないようにするのもポイントと言えます。企業の顔でもあるロゴゆえに、メッセージ性を持たせたくなってしまうこともあるかもしれません。それゆえにデザインを複雑にしたり配色に工夫をしたりと独自性を打ち出されることもありますが、ただ、細かいデザインになると逆に野暮ったく見えてしまうこともあるのです。

ロゴの企画において大事な事

また、何らかの形でロゴを用いる場合の不便にも繋がります。例えばグッズにプリントをする際にも、小さくすると見えにくくなることもあるでしょう。せっかくのロゴの使いどころが限られてしまうと上手く活かしていくことができません。一時の流行に左右されていないかどうかも大切。リアルタイムで企画する場合、その時の流行を踏まえて企画をしてしまうこともあるものですが、これから時代が変化する当たって今だけのことを考えると後悔が生まれる可能性があります。時代によって見え方が違ってくるデザインよりも、これから先においても、企業の象徴として残し続けられることを考えることも必要なのです。他にも、類似していない独自のデザインを考案するのも基本です。既存のロゴの模倣はトラブルになるリスクがあるだけでなく、企業イメージを損ねてしまう懸念があります。たとえうっかりだったり知らなかったりする場合でも、問題化することもあるのです。似ているロゴが存在しないか、あるいは誤解されるデザインではないか、よく確認しながら作成していくことが必要です。