商品のロゴをリニューアルするタイミングとは

商品のロゴをリニューアルするタイミングは、次第に古く感じられるようになった時にすると良いかもしれません。商品のロゴは一度作ればそれでずっと長く使えるという事にはなりにくいものです。これは時代によって人のセンスが変わっていくという事があるからです。最初に作った時には、その時代のセンスで最高のモノを誰しも作ったと考えていますが、時代が過ぎていくと次第に古く感じられるという事が良くあります。これには人が慣れてしまうという事も関係しているのでしょう。

どんな優れたデザイン性の高いロゴであっても時代に合わせたデザインの変化が必要です。

商品ロゴのリニューアル2実際にほとんどの企業においてロゴは時代によって変わっています。これは大企業のようなところでもそうですから、それだけ時代の変化によって人の感性というものは変わるということを物語っているといってもいいでしょう。

ですから、商品のロゴをリニューアルするタイミングは古いなと感じたときがそのタイミングかもしれません。敢えてその古さを強調していくということも一つの判断ではありますが、時代の波に乗れていないという感覚も出てくるので、最先端企業であることをイメージしてもらいたいような場合は、親しみやすさをロゴに入れていきたいと考えるのであれば、変更も考えても良いかもしれません。そのタイミングは変更の必要性を感じたときという事になるのでしょう。特にその必要性を感じないのであれば、まだまだ使えるという判断をしていいかもしれません。時代に今のマークは合っていると判断出来るわけです。

 

人はロゴマークでかなり受け取る印象が変わるということがあります。マークはいわばその会社の象徴のようなもので特徴も示しているものですから、これが親しみやすいものであれば庶民的な感じがしますし、最先端の奇抜なものであれば、新進気鋭の企業かななどと感じたりします。ですから、企業イメージを変えたいというような時もそのタイミングかもしれません。